少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話

不妊の原因として基礎体温が二層に分かれていないという点があります。

普通ならひと月の間で低温期と高温期がきれいな状態で二層として分かれているはずで、これは正常に排卵がされているかをチェックする目安にもなるのです。

基礎体温がきちんと二層に分かれていないという原因には排卵障害がひそんでいる事もありえるのではないかと思います。

妊娠が発覚した後、ご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。

ですから葉酸の摂取を続けることで身体を健康的に保つことをおススメします。

不妊の根本的な原因は、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側に原因があるものと、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側の原因とが想定されます。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親ともに受診して検査を受けると解決への糸口となるでしょう。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。

友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと応援しています。

妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性にも出来る妊活があるんです。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性に原因がある事もあります。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

妊婦にとって欠かせない栄養素が何をおいても葉酸です。

葉酸が不足の状態では子供の脳や神経系に障害が残るリスクが格段に大きくなります。

いつまでに葉酸を摂るのがよいかというのは、妊娠3ヶ月以内とされているため、この時期に葉酸を摂ることが必要です。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

自治体から助成金が支給されますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。

葉酸の効果や効能については色々なものがあり、胎児が発育する際に脳や神経を作り出すという事で、妊婦さんの場合は母親の分だけではなく、2人分が必要となってくるので不足するとも考えられています。

特定保健用食品として指定されており、子供の二分脊椎などといった神経間閉塞障害を予防する効果もあると記載されているので、積極的に摂取すると良いのではないでしょうか。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。

なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

言うまでもありませんが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、おとうふや納豆、魚などがあります。

それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも大事な栄養素が含まれていますから、毎日の食事でとっていきたいものです。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが理想であることは間違いありません。

そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。

妊娠初期に葉酸が足りないと、赤ちゃんの成長への影響があることは広く知れ渡っています。

ただ、取りすぎた時のことはあまり知られていないように見受けられます。

どうやら発熱や蕁麻疹を引き起こしやすくしたり、将来子どもが、喘息で苦しい思いをする確率を高めてしまったりするようなのです。

これからは葉酸の摂取し過ぎにも、注意が必要になりますね。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、そう簡単には妊娠できず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。

ほどなくして二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にもサプリで摂ることが望ましいです。

実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、母体にとってもとても大事な栄養成分ですから、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。

葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。

このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、出来ない時は出来ないのだと感じました。

義妹や姉のところに子供ができると、やりきれない気分でした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、そう時間をおかず妊娠することができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛の摂取を心がけてください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。

女性のみならず男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。

精子の質を高めることをサポートする効果があるのです。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、決してそうではないんですよね。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。

私は妊活を行っているところです。

赤ちゃんを授かるために様々なことを頑張っています。

葉酸がいいらしいと聞いたので、葉酸サプリも愛用しているのです。

しかし、これだけでなく、毎朝、早めに起きて、夫と共にウォーキングも行っています。

妊活には運動をするのも大事だといわれますし、夫婦共にウォーキングをすることが良いコミュニケーションになっていると感じます。

結婚してから七年たちますが待てど暮らせど妊娠することができません。

けれども、赤ちゃんができない原因は見つかっていません。

色々な不妊検査をしてみても結局、原因を断定できないため、有効な改善策が見つけられません。

この間、排卵誘発剤を使った不妊治療をしていたのですが、頃合いを見て人工授精を試そうと主人と話し合っています。

赤ちゃんを産み分けることは本当に可能ですか